水のお話 ①

2011年03月31日

 水 それは我々の周りに常に存在し、必要不可欠なものです。水道から水が出て、川

には水が流れ、海には世界を覆うほどの水があり、雨や雪として我々に降り注ぎます。

これだけではありません。我々の体の中にも多く含まれており、肉や魚、野菜や果物と

いった食物まで全てに含まれております。そして、この水が無ければ生命体は生きる

事が不可能です。そして、水自体が必要なのと同時に、日々の暮らしにも水を利用して

いるものが沢山あります。例えば朝目覚めてからは、洗顔、歯磨き、トイレ、朝食と全て

に水が必要です。通勤手段の電車や車も、水が無ければ動かせません。こんなに大切

な水ですが、色々な特徴を持っているのです。今回は、その水の特徴を一つお話したい

と思います。

 水の身近さ

 人類は、昔から水の恩恵にあずかっております。そのため、水に由来することわざや

慣用句は非常に数多くあります。

 ・水掛け論

 ・我田引水

 ・立て板に水

 ・寝耳に水

 ・覆水盆に返らず

 ・水と油

 ・水に流す

 ・明鏡止水

数え上げればきりがないくらい、水に関する言葉はたくさん存在します。みなさんも、一

度探してみてはいかがでしょうか?そしてその意味を調べてみますと、水がどのような

役割を果たしたかが、確認できると同時に水への親しみが更に大きくなると思います。