抗菌力試験

1 検体(銅イオン水)

(1)濃度 1.0ppm溶液
(2)濃度 0.5ppm溶液

2 試験目的

大腸菌及びメシチリン耐性黄色ブドウ球菌(以下「MRSA」という)に対する検体の抗菌力試験を行う。

3 試験概要

検体を0.8又は1.2%添加した沸騰水道水(以下「試験液」という)に大腸菌又はMRSAの菌液を添加し、25度にて保存し、保存1、3及び6時間後の試験液の生菌数を測定した。

4 試験結果

試験菌 検体 添加量
(%)
生菌数
開始時※1 1時間後 3時間後 6時間後
大腸菌 (1) 0.8 2.6×105 9.7×103 0 0
(1) 1.2 2.6×105 8.4×103 0 0
(2) 0.8 2.6×105 6.3×104 2.7×103 3
(2) 1.2 2.6×105 3.7×104 83 0
対照※2 2.6×105 2.3×105 1.5×105 1.6×105
黄色ブドウ球菌
(MRSA)
(1) 0.8 3.2×105 1.3×104 0 0
(1) 1.2 3.2×105 5.4×103 0 0
(2) 0.8 3.2×105 3.5×104 80 0
(2) 1.2 3.2×105 4.0×104 2 0
対照※2 3.2×105 2.5×105 1.4×105 8.7×104

※1 添加菌液の生菌数を測定し、開始時の生菌数に換算した。
※2 検体無添加

5 試験方法

(1)試験菌
Escherichia coil IFO 3301(大腸菌)
Staphylococcus aureus(MRSA:京都微生物研究所分離株)

(2)菌液の調整
普通ブイヨン栽培(栄研科学)にて35度、一夜振とう栽培した試験菌の培養液を滅菌精製水で100倍に希釈し、菌液とした。

(3)試験液の調整
沸騰水道水100mlに検体0.8又は1.2gを添加し、試験液とした。なお、検体無添加の沸騰水道水100mlを対照とした。

(4)試験操作
試験液及び対照にそれぞれ菌液1mlを添加し、25度にて保存し、保存1、3及び6時間後に試験液及び対照の生菌数を測定した。なお、添加菌液の生菌数を測定し、開始時の生菌数に換算した。

(5)生菌数の測定
標準寒天培地(栄研科学)を用いた昆釈平板培養法(35度、48時間培養)により測定した。

レジオネラ菌試験

(株)マルゴ検査センター(第11272-11-301号)

試験菌 検体 生菌数
開始時※1 1時間後 3時間後 6時間後
大腸菌 1ppm 9.4×103 5.8×102 0 0
2ppm 9.4×103 0 0 0
無添加 9.4×103 8.6×103 8.3×103 8.3×103

注1)添加菌液の生菌数を測定し、開始時の生菌数に換算した。
注2)試験菌:レジオネラpneumophyla gifu 9134(岐阜大学医学部細菌学科により分譲)
注3)検査方法はレジオネラ菌防止指針(厚生省生活衛生局1994年)に準拠した。

大腸菌・回虫卵試験

計測証明検査機関エヌエヌ環境(株)

検体名 大腸菌群数(CFU/g) 回虫卵数(個/100g)
採砂場所 処理前 処理後 処理前 処理後
既存施設
(保育園)
1.7×104 3.9×10 6個 不検出
  • CFU/g:試料1g中の添加菌液の生菌コロニー(群)数の事。
  • 処理後とは試料採取1週間後に測定した試験結果の事。