実例に伴うQ&A 外国のまとめ

2011年03月4日

 日本以外の3つの国の情報を、書かせて頂きました。どの国も同じような問題がある

ことは、既にお話した通りです。以下、その特徴を箇条書きにしてみます。

 ・スケールの大量発生

 ・藻の大量発生

です。つまり、いずれの国も水質が芳しくないことになります。そしてそのことは、次の

問題となります。

 ・メンテナンスによる、設備機器に必要なコストの増大。

 ・清廉な水を調達するためのコスト増大。

特に、RO水が必要だと、調達コストは極めて高額となってしまいます。つまり、コスト面

での負荷が増大する状況です。コスト面のメリットから海外での製造を開始したはず

が、そのメリットを消しかねません。また、こんな面もあります。この3つの国の事例です

が、いずれも増産したいため、製造ラインを増やしたいと考えております。しかし、いず

れもそれに踏み切れていないのは、必要な水の量の調達ができない、あるいは水

の調達コストが割に合わないためですたかが水、とお考えはしないで下さい。この

水によって

企業の競争力を低下

させられているのです。

 工場でのお話に言及しておりますが、食物や飲料水の面も無視はできません。衛生

面での不安は、従業員に悪影響を及ぼします。人間誰しも、水をのみ食事をしなければ

ならないのですから。

 水は限りある必要な資源です。弊社と一緒に、その

大切な水を守り使っていきませんか?シーユー・トピ

アは、水を大切にする会社です。