合弁会社設立のお知らせ

2011年02月4日

 当社はこのたび、中国北京において地元有力企業との合弁契約を締結し、銅

イオンを含めた環境対策の包括的な提案・コンサルティング等水処理分野を中

心にした合弁会社を設立することになりましたのでお知らせいたします。

 合弁契約先、合弁会社の詳細等につきましては、随時ご報告させて頂きま

す。

 今後も変わらぬご愛顧の程、お願い申し上げます。

 さて、合弁会社を設立させて頂いた次第ですが、早速現地のパートナー企業から大き

な環境の対策依頼が持ち込まれました。合弁会社の設立手続きのため訪中するのに

併せて、依頼のあった現地法人様の現状の確認、現況の把握、設備の視察そして現

場での協議を行い情報の入手を行いました。結果として、我々が合弁会社設立に至っ

た理由(パートナー企業からの非常に熱心な誘い)を強い確信に変えることができまし

た。以下、簡単に纏めさせて頂きます。

 一、巨大なマーケット

   いまや「世界の工場」である中国、そのマーケットの巨大さは比類なきものです。

 一、求められる技術

   技術について、色々と取りざたされる国ですが、必要されるものについては真摯に

   そして熱心に取り組まれます。なにより、その一番必要とされるものが「水処理」

   なのです。

 一、多様化

   そして求められる技術も日に日に多様化しております。「水処理」の分野であって

   も、求められるニーズは多種多様にわたっております。

 そこで弊社は、是非我々と中国の環境ビジネスに興味のある企業様をパートナ

ー企業様としてお願いし募集させて頂きたいと思います。法人の大小は問いま

せん、御社の”技術力”と弊社のノウハウを組み上げて新しい中国でのビジネス

を構築いたしませんか。募集内容は下記に記載致しますが、お気軽にお問い合

わせ下さい。

 ・水処理技術、機器のメーカー様。(取扱店、販売店は不可)

 ・水処理技術、機器を研究或いは開発を行なう企業様。

 ・水処理のみならず、環境技術開発や機器開発を行なわれる企業様。

是非、一度お問い合わせ下さい。弊社の合弁パートナー企業が環境分野において、御

社の製品が市場マーケットの必要性や技術力を精査した結果理解し認められた場合

は、その企業様に対して出資や投資等にも取り組む事も出来ます。

株式会社シーユー・トピア 担当者 川上 知伸

そして、今回のご依頼頂いた内容については、次回以降詳細にご説明申し上げます。