藻について ③

2010年09月16日

富栄養化を進行させる物質の中で、主な物質は窒素化合物リンが上げられます。

窒素化合物

・窒素自身は、空気の主成分です。またたんぱく質やアミノ酸の主原料でもあります。

 そして植物の育成にとって、非常に重要なものです。肥料の主成分の一つです。

リン

 窒素と供に、肥料の主成分です。窒素と同じく、生き物にとって必要不可欠の要素で

 す。特にリンは様々な化合物が存在し、骨、火薬、肥料、更に殺虫剤、飼料等様々な

 リン成分が存在します。これは細胞形成にリンが必要不可欠であるためです。そし

 て、過剰なリンの供給こそが、富栄養化の1番の原因となります。

このように、この窒素化合物とリン、ありとあらゆるものに含まれております。特に、その

供給源となりますのが

・肥料(農業を営む=窒素・リンの大量供給、無機・有機関係ありません。)

・河川の水(肥料や洗剤、食品の食べ残しも原因です。)

・雨(空気中有機物にも含まれます。)

等です。つまり、過剰な供給(肥料)や不適切な処理(洗剤の使用過多、食品廃棄の不

徹底等)全てが、富栄養化の原因であり、そしてそれこそが人間の安易な行いなので

す。今までは考えもつかなかったこと、それは・・・・

⇒栄養ってたくさんあればもっといい。

⇒洗剤といっても自然由来の成分だから大丈夫。

⇒食べ残しなんか、毒じゃないから大丈夫。

本当に、本当にそうなのでしょうか?

 

 本来自然には浄化作用として、微生物が様々なものを分解するメカニズムがありま

す。しかし、ここで注意しなければならないのは、分解されてもその存在そのものがなく

なるわけではなく、形はかわれど存在し続けるのです。

次回は、この点の一番重要な部分についてお話したいと思います。