水質分析⑥

2013年01月18日

 今回が水質分析について最後となります。
 
 重要な項目についてお話をしてきましたが、ご存知のことも多かったと思います。しかし、改めてもう一度読んで頂きたいのです、それぞれの項目内用について。何故ならば、水質分析を実施されていて、かつ数値が適正と呼ばれる範囲であっても、問題が発生しないかといえばそんなことはないのです。
 
 弊社はこれまで、いくつもの工場・施設に御伺いし、水質分析データ及び実際の現場を拝見させて頂きました。数値から予想される問題の内容及びその規模が、実際に現場では大きく食い違っていることも珍しくありません。特に、それが当たり前のことと、殆どの企業様が認識しているのです。しかし、それが違うことを弊社は知っております。幾つもの企業様の工場・施設を廻り、水質分析データを解析し現場を見た、これらの経験が我々シーユー・トピアの実績となり皆様へのご提案となるのです。
 
是非、ご相談からでも結構です、御声掛けをして頂ければ直ぐにご回答させて頂きます。