夏と冬との違い②

2012年10月24日

 暖を取る、つまりは熱を発生させることです。それは、エネルギーの消費が伴います。エアコンは勿論、ストーブは物を燃焼させなければなりません。ウォームビズのように服を沢山着込むことも大切ですが、服は奪われた熱を取り戻してはくれません。そのため、暖を取るには外部から熱の供給を受ける必要があるのです。そして、日本においての冬は、暖をしっかりと取らないと命が危険にさらされてしまうのです。
 
 熱の供給を受けるには、古くは木を燃やし、石油(灯油)、ガス、と燃料を燃やす形です。そして電気ストーブやエアコンといった電気を使う方法です。どの方法にせよ、エネルギーを消費する方法なのです。涼を取るのに水を使用するのとは異なり、いずれもデメリットが必要なものばかりです。物を燃やせば、CO2が発生しますし、電気製品は文字通り電気を大量に消耗するといったデメリットが存在します。暖を取るには、これらのデメリットは避けられないものなのです。
 
 冬場の方が、電気や他のエネルギーを消費するのです。つまり冬場こそ、一層節電に取り組まねばならないのです。