電気について①

2012年09月13日

 我々の生活には、電気は必要不可欠です。テレビや冷蔵庫は勿論電車も電気が必要ですし、信号機も電気がなければ作動しません。この素晴らしいエネルギーである電気の特徴を改めて考えたいと思います。

  

 我々が使用している電気は、わざわざ作りださなければならない。

  

 自然界にも電気は沢山存在します。しかし、その大半は有効に利用することができません。静電気や雷等身近に沢山あるものの、未だに有効利用はできておりません。そのため、わざわざ電気を作りだして利用することになります。これが発電と呼ばれる作業となります。何故自然の電気が有効利用できないのか、それは電気の持つ性質に原因があります。

  

 「電気は、溜めておく事が非常に難しい。」

  

 生み出された電気を溜めるのには、電池を使う必要があります。しかし、電池を作るには様々な物質を組み合わせる必要があり、実際にはそれに高額なコストが必要となります。また、電池も徐々に放電し蓄えている電気が減っていくことになります。これらの事のため、自然界の電気を有効利用できないのです。