インフラの問題

2012年09月6日

 様々な節電・発電方法について色々とお話してまいりました。ここで、改めて考えて頂きたいもの、それはインフラについてなのです。

 

 風力・水力・太陽光等の各種の発電方法、どれも一長一短です。同じく、節電の方法に関しても同じことが言えます。ただ一つ共通なのは、インフラ投資が必要となることなのです。

 

 各種の発電方法については、これまでは色々お話をしてきましたので割愛をしますが、いずれの方法も、投資コストに対する削減量(額)のバランスがあまり良くない、ことなのです。

 節電の方法でも同じです。新たなインフラ整備は、当然のことながら高額のコストを有無結果となります。

 

 改めて皆さんに問いわせて頂くのは、発電・節電に対する投資コストのバランスです。我々シーユー・トピアは、設備に付随する冷媒を浄化することにより、節電を促す製品です。少ないコストで確実な節電、是非一度ご検討下さい。