新たな発電方法

2012年07月31日

 節電の取組には大きく二つありますと、お話してきました。一つは電気の使用量そのものを削減する方法と、新たに発電する方法です。この発電方法である太陽光や水力発電について、良い点悪い点をお話してきました。その発電方法について、更に別の方法、しかもメリットが非常に大きい方法について今回はお話をします。
 
 新たな発電方法、それは地熱発電です。
 
 地面に穴を掘ってゆけば、だんだん暖かくなります。暖められた地下水が湧いている所(温泉)もあります。この熱を発電に利用する方法です。この地熱発電は、他の方法と比べて大きなメリットがあります。
 ・CO2が発生しません。
 ・加熱コストが発生しません。
 ・自然環境への負荷が、非常に小さく済みます。

これだけのメリットのため、海外では様々な国で地熱発電は利用されております。特にインドネシアでは、日系企業の支援の元、大規模な地熱発電プラントが幾つも運営され、国全体の電力の半分以上を担っております。
 
 これだけメリットのある地熱発電ですが、何故日本には殆どないのでしょうか。
 次回、この点について、深く掘り下げていきたいと思います。