入口から出口 ②

2012年06月18日

 今回は3つ目について、お話したいと思います。

 

 3つ目、これについてはあまり意識がないかもしれません。それは、生み出される電気のロスなのです。

 

 火力発電では、化石燃料を燃やして電力に変換します。風力発電では風の力、水力発電では水の力といった具合に、各種のエネルギーを電力に変換して我々は電気として使っているのです。問題なのは、各種のエネルギーを電力へと変換する際に、元のエネルギー全てが電力へ変換できている訳ではないのです。いずれも元のエネルギー量の50%以下の量の電気にしか変換できないのです。つまり、電気を生み出すために様々なエネルギーが過剰に消費されてしまっているのです。

 

 こんなにも様々なエネルギーを消費して得られる電力、大変貴重なものである自覚を持って節電に努める、これが大切なのではないのでしょうか。そんな節電に、我々シーユー・トピアは貢献していきたいと思います。